スポンサーリンク

アリアナ・グランデの元彼、マック・ミラーが急死。またミュージシャンが早死か

concert

 

HAI!SAI!

OKI☆ROCKです!

今日はArc City Rainとして投稿します!

 

たまたまTwitterを開いたタイミングでまたもや悲しいニュース

 

Mac Miller(マック・ミラー)急死!

の文字が飛び込んできてびっくり!

 

この人のことは

 

Hurt Feelings

 

って曲で知ったんだけど、脱力系のラッパーで

かなり好きなアーティストだった!

Youtube動画貼っておきます!

 

Hurt Feelings

 

…ついこの前

Avicii(アビーチ)

が急死して驚いたばかりなのに…

 

そしてそのさらにちょっと前は

Linkin Park(リンキン・パーク)のVocal

Chester Bennington(チェスター・ベニントン)

が急死。これもかなり驚いたしショックだった。

 

なんでアメリカの天才ミュージシャンって、早死するんだろう。

 

今日はそんな事をぼんやり考えながら、ブログ更新してみよーと思います。

 

スポンサーリンク

 

アメリカの若くして亡くなるミュージシャンの死因は、ほとんど自殺かオーバードーズ!

 

まず、OKIが心から敬愛してやまないミュージシャンは

Nirvana(ニルヴァーナ)Kurt Cobain(カート・コバーン)

なんですけど、彼は27歳の若さで

 

麻薬でトリップした状態でショットガンで自分の頭を撃ち抜く

 

というショッキングすぎる死因でこの世を去ってる。

 

そして

Linkin Park(リンキン・パーク)のメインボーカル

Chester Bennington(チェスター・ベニントン)

は自殺。

 

新進気鋭と叫ばれたカリスマDJ

Avicii(アビーチ)

の死因は不明となっているけど彼はおそらく病死。もしくは…

色々な噂が飛び交う謎の死。

 

そして今回のカリスマラッパー

Mac Miller(マック・ミラー)

はオーバードーズ(麻薬過剰摂取)

が原因って言われているみたい。

 

Avicii(アビーチ)の病死って、若いミュージシャンの死因では

むしろ珍しい気がする。

 

自殺か麻薬でミュージシャンの命が絶たれていってることがほとんどなんだよね。

 

ミュージシャンが抱える闇とは?

俺なんかもそうだけど、バンドとかロック・ミュージックとか

ここ最近はクラブミュージックとか好きだ!とか携わってる!とか言うとさ、

 

あんた麻薬やってないだろうな!?

 

的なことを絶対に一回は聞かれる経験があると想うんだよね!(笑)

 

やってたとして、バカ正直にやってるなんて言うかよ!(笑)

と毎回思うけど(あ、俺はやってないよ??)

 

やっぱりこういう音楽ってイメージが非常に悪いみたいだ。

 

それもそのハズ、

多くのミュージシャンが麻薬に手を出して、ボロボロになっているからね。

 

そのイメージを持つな!って言う方が無理があると思う。

 

ミュージシャンっていうか、自分を表現する事って

ものすごく勇気がいることなんだよね。

 

そして不安定になっていく感覚ももちろんよく分かる。

 

さらに特にアメリカのショービジネス界は

ドラッグが飛び交う世界だから、簡単にドラッグが手に入って

簡単に染まっていく。

 

もともと不安定な状態なんだから、そんなのに手を染めるのはごく自然なんだろうね。

 

そしてどんどん状況は悪くなっていく。

 

心を壊して、身体まで壊れていく。

 

彼ら天才ミュージシャン達は、

外から見たらありえないほどキラキラ輝いている。

でも、中身はボロボロ。

 

そしてとても惨めな最期をおくる。

 

そんな花火みたいに散っていくミュージシャンをみると、

とっても悲しい気持ちになったりするんだよね。

 

音楽のためにも、健全でいようと想う

俺は高校の時、軽音楽部にいたんだけど、タバコで捕まったことがある。

 

その時に高校の先生にこう言われた。

 

「なんで音楽やってる奴らってみんな非行に走るんだろうな?カッコつけてるのか?」

 

って。

 

俺は「音楽やってる奴ら」全員のイメージを損ねちゃったわけだ。

すげぇ悔しかった。

 

俺の周りのバンドマンは、確かに優等生なんかじゃないけど、

みんなすごくいいヤツばかりだった。

 

そんな仲間たちを一括りに「非行に走った」とされてしまったんだ。

俺のタバコのせいで。

 

俺はミュージシャン=麻薬とか、自殺とか

そんな色眼鏡で見て欲しくないけど、そういう風に思われるのは仕方ないと思ってる。

 

だからこそ、俺はせめて健全でいようと思うんだよね。

 

音楽好きなやつがみんな麻薬やってるわけじゃないし、

刹那的な生き方をしているわけじゃない。

 

心から音楽が好きだからさ、だから音楽に恥をかかせるような事は

なるべく

しないようにしてるつもり!

 

俺は若くして亡くなった天才ミュージシャン達の音楽は絶対的に

リスペクトしてる。

 

でも彼らの刹那的な生き方はリスペクトしていない。

 

ロックやってたって、破天荒に生きなきゃいけないわけじゃない。

健全に幸せにロックしてるのがかっこいい!

 

俺の個人的な結論は今の所これに尽きるんだよね!

 

この記事を読んでくれた人はどう思うかな?

とにかく音楽が好きな気持ちはきっと一緒っす!(笑)

 

 

ではきょうはこんなところで!

SEE YA!!

格安で沖縄旅行が出来る時代!ちょっと遊びに来てみませんか?
LCCにも対応!最安値の航空券がすぐに検索できる!トラベリスト


ホテルも一緒に予約したいなら、スカイマーク国内ツアーが便利です!
おすすめの記事